6/18親知らず抜歯&歯型取り

この数日間、右上親知らずがなんとなく疼いている気がしていました。矯正治療を始めた時点で、 この親知らずが虫歯(しかもかなり酷い)になっていることはわかっていたんですが、左下の親知らずの抜歯を優先させ(下顎手術だから)、 ちょっと放っておいたという感じだったんです。 矯正治療を始めると、歯の痛みや不快感などは当たり前になってしまうので、 治療による痛みなのか、虫歯が進行している痛みなのか。。とハッキリしませんでしたが、 どのみち虫歯になっているので、オペも近いんですが抜く事が可能なら抜いてしまいたい。。と 急遽連絡を入れて、治療をしてもらうことになりました。

歯を抜く前に、歯型取り(印象)をしました。私の歯はどんな感じになったかな?? 歯型をとるときに使う、「ピンク色で・スーッとする味の・粘土みたいなやつ」、 気温が固まり具合に影響するらしく、暑い季節になると、すぐ固まってしまうので あまりモタモタ出来ないんですよ、と助手のお姉さんが行っていました。

歯型取りがおわったら、いよいよ抜歯でございます。 麻酔も時間を置いて2回にわけて注射してもらったので、はじめの一刺し、 チクッ★とするのを我慢すればあとは全然楽。でも注射は怖い。存在自体が怖い。 虫歯になって弱くなった親知らず、力任せに引っこ抜くわけにもいかず、 院長はかなり苦闘していました。上あごの奥歯は相当見づらいみたいで、 「うー、見えない。。。」と色んな角度から覗き込んで治療していました。 私も口開けっ放しでヘトヘト。。でもこれでスッキリしたので良かった良かった。 院長お疲れ様でした。



女の子お絵かき掲示板ナスカiPhone修理池袋 ブラジリアンワックス