自己血2回目

前回の自己血の次の日、生理がやって来ました。ちょっと血不足気味の自己血2回目です。 まずは血圧を測り、採血をして血液を調べてもらいます。赤血球の量とか、そういう数値を見て、 血液を採っても大丈夫か(貧血状態にならないか)を確認するそうです。 調べてもらっている間、口腔外科にて先生とお話をします。

院長から郵送された歯型やレントゲンなどを見ながら軽く説明を受けました。 歯型は、上下がかみ合う位置より若干下げる、ほんのちょっとだけ出っ歯気味にするように 指示されているとの事でした。それは前もって説明されていて、出っ歯といってもほんの少しだし、 多少は戻ったりするのと、最後に上顎を閉めるのでゆとりが必要だそうです。
今度は出っ歯ですか?!って院長にも言ったんです。でも出っ歯なんて初めてだから楽しみです」
「まあでも、ほんの少しですのでね。」

レントゲンをもとにしたペーパーサージェリーも見せてもらいました。今現在の下顎の位置や 神経のある場所と、手術して下げた時の顎の位置。神経のあるところより上の部分にネジ止めをするそうです。 そして先日とったCT、これは凄い!!顎のほうからスライスしたものや、頭蓋骨を真ん中で割って、 内側から見るものなど、4種類程ありました。それを見ながら、顎の骨の厚みや、神経の位置などを 説明してもらいましたが、私の顎はあまり厚みがないみたい。それを2つに割るんだから結構大変です。 大丈夫ですよ、って言っているので大丈夫でしょう。 一通り説明を終えたところで、血液検査の結果が出ました。
数値を見ながら
「結構下がっていますね。」
「そう、先週の自己血の後、次の日に生理が来ました。昨日今日終わったくらいです。」
「そうですか。そのせいもありますね。でも大丈夫ですよ、数値的には採れます。」

前回と同じく、ベッドに横になり採ってもらいます。今回も顎切り先生自ら針をさしてくれました。 そういえば、両顎オペの人は、3回(1200)採ったりするそうで・・大変です。 やはり今回も先生ちょくちょく様子を見に来てくれました。血を採り終わり、そのまま休んでいると 再度先生登場。
「ちょっとこれから用事があって別の病院に行きますが、何かあったらナースコールで呼んでいただければ 別の者が対応出来ますので。。次回は入院ですね。とりあえずは口腔外科に来てください。」
きゃーーーーーーーっ!!そうなのよ、次に先生に会う=入院(手術)なんですねええ!!。



女の子お絵かき掲示板ナスカiPhone修理池袋 ブラジリアンワックス