12/21左下親知らず抜歯

今日が年内最後の治療です(たぶん)。 手術を受ける半年前までには、撤去しなければならない下の親知らず、 酷く怯えながらも、早期治療・早期オペを願う私としては、 年内中に抜いてしまいたかったのです。 会社を早退し、クリニックへ。診察台に乗り、思わずため息。あーあ。
はやめに抜いて、手術に備えます。
「今日は親知らず抜くんだっけ」
イヤなのです・・・
「じゃあ、抜くのやめておきますか。ははは。」
たしなめられてしまいました。 昔、虫歯治療の際うけた麻酔体験を言葉で表してみますと、 ブスっ、ぐぐぐぐ・・・めりめりめり
恐ろしい〜。しかし、こんな私がよくオペ有り決めたものです。

ちょっと麻酔して、時間を置く。3回くらい繰り返してもらいました。 少しずつして頂ければ、痛みや不快感は僅かだと実感。 とても早く、抜いて頂きました。 前回の右上5番の抜歯の時だって、たいした事なかったんだけど、 昔、右下親知らずを抜いた際かなりてこずり、 歯を砕いて撤去したという思い出があります。 親知らず抜くのは容易ではないんだと、そのとき思いました。

「私開けっ放しイヤなんで。食べ物つまっちゃうし」
縫ってもらいました。縫い終わったと思ったら、再度覗き込む院長 な、なにかマズイことでも??
「うん、もう一回縫おう!」・・・気の済むまでお願いします。
抗生物質・消炎剤・鎮痛剤を3日分と、口腔洗浄液をもらいました。 あまり強く口をゆすぐと、せっかく出来たカサブタが取れてしまい、 再度出血、治りも遅くなるなど、いい事ナシだということで注意です。 出血がほぼ無くなるまで、数回ガーゼを替えて様子を見たので 口中血まみれ、ということもなく帰宅しました。




女の子お絵かき掲示板ナスカiPhone修理池袋 ブラジリアンワックス