12/2調整3

今年最後の調整です。 前回、濃い紫のゴムでワイヤーをとめていましたが、 週2回くらいはカレーものを食べていた甲斐があったというか・・ ゴムは黄土色になっていました。 今回、シルバーとルビー、どっちにしようか迷いましたが、 色が綺麗なルビーに決定(どうせ色変わっちゃうんだけど)

「下前歯、出てきたね」
ハイ。おかげさまでかなり出てきました。 ちゃくちゃくと受け口状態悪化してます。

前回舌側に装着したチェーンゴム(勝手にそう名づけた・本名リングレット) 今回は頬側に装着しました。内側から・外側から・また内側・・と、 かわりばんこに引っ張っていきます。 前回まで、形状記憶合金でしたが、今回からステンレス線です。 「だいぶ前歯のほうは、揃ってきましたね」 うおー!そうですかね〜嬉しい!・・・・問題は下前歯でした。 下前歯は、上に沿うように綺麗に並べるとのことです

受付で会計を待ちながら、治療前後の患者さんの歯並びのサンプル写真を見ました。 治療前の写真の中に、受け口の患者さんのがあったのですが、 完璧な受け口もさることながら、噛みあわせが深い。深すぎるくらい。 前歯が見えるかどうかという程下前歯が被さっていました。 突然不安になり、院長を呼びつけ、
「手術前はこんな深い状態になるんですか???」
「なりませんよ。ブラケットぶつかっちゃうでしょ〜」
あービックリした・・勿論手術までの、状態悪化は覚悟してますが どこまで酷くなってしまうんだろうという不安でイッパイなのです。

※院長からのメールより
保険治療上は第1段階レベリングが終了しました。 次は第2段階の犬歯遠心移動のステージです。 (実際にはねじれている歯も残っているが引っ張りながら直していく。) 雪さんは5番を抜いているので、4番を下げて3番を下げるまでがこのステージになります。 普通の人よりも治療の期間が少し長くなるステージです。 普通は4番目を抜くので、すぐ3番を下げるわけです。 チェーン状のゴムは、リングレットと言います。※




女の子お絵かき掲示板ナスカiPhone修理池袋 ブラジリアンワックス